ライフスタイル

【共働きパワーカップル】ビジネスにおける戦闘能力の高い妻と出会うには〜環境編〜

当ブログは共働きパワーカップルを主としたブログです。

パワーカップルは名の通り、妻も働く意欲があり、年収が高く、ビジネスにおける戦闘能力が高くないと基本的には実現できません。

以前に収入と学歴の相関があると書きましたが、実際には例外を除いてパワ夫・パワ妻の周りを見ても一定の相関関係はあると思います。

未読の方へ
30歳時出身大学別推定年収を見て思うこと【高学歴に負けるな!】

続きを見る

今回の記事には少々「学歴」にも踏み込んだ内容になっています。ちなみにパワ夫の学歴は中の下です。

結果的には学歴も高く、ビジネスにおける戦闘能力の高い妻と結婚する事が出来ましたが、私のような普通の人間が戦闘能力の高いパワ妻と知り合うためにはどのような工夫が必要だったのかについて振り返っていきたいと思います。

当時は全く意識して行動していたわけではありません。

今回は2部制で第1部は、学歴も平均的なパワ夫が将来のパワ妻に知り合うためには何が必要だったのかについて大学時代を振り返り書きます。

第2部は実際に学歴・趣味も全く異なるパワ夫・パワ妻が如何にして夫婦関係を良好に築いているのかについて書きます。

*少々デリケートな内容になっています。あくまでパワ夫の主観や実体験で書いているのでご不快になられる方もいらっしゃるかもしれません。

 ご興味がない方は閲覧されない事をお勧め致します。もし、ご覧頂けるのであればパワ夫は学歴も至って普通な人間である事を念頭に置いて頂ければ幸いです。

本日の議題

  • パワ夫・パワ妻の異なる学歴と性格の紹介
  • パワ妻の友人は働く意欲も高く、実際にバリバリ働き稼いでいる
  • 普通に生活していたら異なる二人が出会う環境は基本用意されていない
  • 仮に、知り合うためにどうすれば良いか

パワ夫とパワ妻は学歴も違えば性格も異なる珍しい夫婦

簡単にパワ夫とパワ妻の学歴戦闘能力を紹介します。

パワ夫・パワ妻の学歴戦闘能力

■パワ夫〜平均的な偏差値の大学へ推薦入学

■パワ妻〜平均的な大学の偏差値に+10〜15程の偏差値が高い大学

パワ夫
パワ夫は推薦入学のため実際の戦闘能力の差は20以上あるかもしれない・・・

ここまで学歴が違うと本来なら、出会うはずのない二人です。

次に二人の性格についても見ていきましょう。

パワ夫・パワ妻の性格や趣味

■パワ夫〜ハートが強い、素直、目標をセットしたらやり切る、創造性が欠落、趣味はスポーツ

■パワ妻〜周りに愛される存在、気を遣える、社交的、自己犠牲が強い、読書・美術館・映画が趣味

パワ夫とパワ妻は学歴・性格・趣味も異なる二人であることがおわかり頂けましたでしょうか。付き合い当初は全く興味がないのに、妻に気を遣って美術館に行った覚えがあります。

基本的には同じ環境で結婚することが多い!?パワ妻の友人はキャリアウーマンが多い

パワ夫の出身中学は荒れていた中学校であり、高校も平均並の高校でした。中学・高校含めて大学へ進んだ人と専門学校へ進んだ友人の割合は6:4位であったと思います。

良くある例としては地元の中学校、高校同士、職場同士等の身近な結婚が主になっているように思います。

パワ妻の友人は医者・コンサル・出版社・広告・テレビ・海外勤務等、現役でバリバリ働いて稼いでいるとの事。

ただ、忙しい事もあり結婚していない人も多いみたいです。

学歴等が異なる相手と知り合う機会はめったにない

これは学生時代のパワ夫に言えることです。

大学時代に頭の良い大学の異性と知り合う機会はありませんでしたし、意識して自分からそのような場所に行ったり、知り合う努力もしていなかったので当然です。

これはある意味根深いと思います。就職活動もそうです。

一流企業に集まる学生はほぼ優秀な学生で構成されています。そこに私のような凡人が入り込むのは至難の業です。

学歴が異なると身を置く環境が違い過ぎて、基本的に交わる機会がない事と、そもそも基本的には意識して行動していない事が本質であるとパワ夫は考えています。

仮にビジネスにおける戦闘能力が高い女性と知り合うためには

例えば、私のような凡人が異なる環境の人と知り合う、結婚したいと思ったら下記行動を取ります。

起業等すれば良いと言う意見もありますが、私のような凡人には企業する勇気もスキルもありません。

異なる環境の人と知り合うには

①高校時代に猛勉強して有名大学に入る→パワ夫はできなかった

②就職活動前までに自身の戦闘能力を上げて大手企業に滑り込む

③ビジネスマンとして自身の市場価値を上げて一流企業へ転職する

④MBA等、人脈を広げられる場に飛び込む→個人的にハードル高い

⑤合コン、婚活へ飛び込む→個人的には微妙

⑥会社にて担当先等との出会いに全てを賭ける

一番現実的なのは、③の方法だと思います。実際に私の勤める会社でも転職者が一定数いますが、よく入社できなたという人もいます。

転職は前職の企業名ではなくビジネスマンとして個人のスキルが高ければ問題ありません。

優秀なメンバーが集まる環境に身を置けば、自然と男女問わず知り合える事になります。*何を持って優秀かは今回は置いておきましょう!

また、⑥で結婚された方も一定数いると思います。

年齢によって出来る施策は異なりますが私は運良く新卒の②で滑り込めました。

まとめ

パワーカップルを目指すにあたって、私のような凡人が如何にしてビジネスにおける戦闘能力の高い妻と知り合う為に必要な事について書きました。

節約もそうですが意識して行動するとしないでは結果は全く異なってきます。

大学生時代のパワ夫に一言何か言えるならこのようなアドバイスをするだろうと思い今回ブログを書きました。

私達夫婦は子供が出来ても共働きで働き続け、支え合って頑張っていきます。

ブログランキング参加しております。もしよろしければクリックお願い致します。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

節約・貯蓄ランキング

-ライフスタイル

Copyright© 共働きパワーカップル@夫のブログ , 2020 All Rights Reserved.