家計管理

【パワーカップル】収入・貯蓄額・貯蓄率・総資産を全部見せます!〜20年5月度〜

緊急事態宣言が解除されました。

勤務先は日系企業の中でも働き方に柔軟な会社なので、6月中も基本的には在宅勤務となりました。

妻の方は6月中ではなくしばらく在宅での勤務になりそうです。

流石、外資系!

世の中まだ景気が回復するか不安定な状況ではありますが、当ブログはこのような状況に陥っても強固な資産形成で乗り切るブログなので今月もやります!!

毎月恒例!今月もまた夫婦の給料日がやってきましたので「パワーカップルの貯蓄と手取り公開」します。

毎回言います。

私達のような凡人が資産形成のスピードを上げたいのであれば、共働き×節約×投資は避けて通れません

当ブログは19年9月から本格始動していますが、当時から貯蓄率・額にこだわって毎月の節約を愚直に取り組んでいました、

共働きのおかげで、コロナショックの収入面の不安も軽減されていますし、幸運なことに二人も業界は違いますが致命的な影響は受けておりません。

おそらく妻のボーナスが少し下がるかも。位でしょうか。

私の発信内容は一貫していますが、控えめに言って共働き最強です

私達は子供が生まれたとしても子育てを支え合い、共働きを続け夫婦で資産形成を進めていきます。

健康であるということが条件ですが、この生活をあと10年継続することができれば8,000万の資産形成を目指すことができます。

経営者・医者・総合商社等のエリートではない夫婦がです。

人生100年時代。

今後更に共働きが主流となる日本において私達の暮らしや資産形成が何かの参考になれば幸いです。

たとえ私達夫婦の年収が下がったとしても、このシリーズは継続いたしますのでよろしくお願い致します。

パワ夫
毎度おなじみのざっくり報告です!

パワーカップルの貯蓄と手取りを公開します〜5月度〜

  • 20年度、目標の確認
  • 5月度パワーカップルの収入状況
  • 共働き×節約はやはり最強
  • 5月度パワーカップルの貯蓄内訳と貯蓄率を公開します
  • 5月度の資産状況【ざっくり】

20年度の目標は780万円の資産形成とする

毎度おなじみとなります。

ここのパートは初めてご覧になられる方のみ読んでみてください。

私達は(ほぼ私?)今年度の貯蓄目標を年780万円として月別の収入見込と貯蓄額目標を立ててみました。

コロナの影響で海外旅行を断念し、在宅勤務の影響で支出が恐ろしいほど下がっており、妻の夏ボーナス次第で確実な目標となってきました。

私達が何故、ここまでストイックに資産形成をするかについては下記のような理由があるからです。

夫婦共に勤務している会社も少なからずコロナの影響を受けています。

緊急事態宣言が解除され、経済活動が戻っても1年〜2年は会社の業績に一定の影響を与えると考えています。

その時に考えられる事は何が考えられるでしょうか。

考えられること

■パワ夫の役職が外れ、給料が下がる

■パワ妻の残業時間が減り、手取り金額の減少

■業績悪化によるボーナス減少

一番怖いのは私の降格です・・・笑

いくら支出が減ったとしてもこれらの状況が現実になると、資産形成のスピードが遅くなります。

私は以前から、この夫婦の収入は幸運な状況であり長く続くとは限らないと自覚し、ボーナス期と捉えていると言ってます

年間780万は貯蓄率60%弱と言ったところなのですが、私達の収入でも年780万増やすには相当な努力と継続力が必要です。

未読の方へ
三菱サラリーマンさん節約5選を実施した結果【8か月目】

続きを見る

この、三菱サラリーマンさんの節約5選を愚直に継続することに加えて、激安スーパーで商品を購入したり、コンビニコーヒーを辞めてネスレエクセラコーヒーボトルを愛飲する等、細かいところまで実施してやっと達成できる数字です。

今年、私が掲げる資産形成目標は簡単なものでありません。

5月度の手取り収入は965,000円

先月、妻の収入が5万円ほど落ちてこの先は収入厳しいかなと思いきや、どんどん激務になっていき残業代で元通りになりました。

この先もどうなるかわかりませんが、コンスタントに40万円以上稼いでくれて感謝しています。

昇給or昇進も期待できるので、報告も楽しみにしています。

妻は在宅になったことで、出費が恐ろしく減っています。平日に関しては1日500円も使っていません。

妻の生活費用の10万円にメスを入れれば更に貯蓄率は上がりますがそこまで私は鬼ではありません・・・笑

年収800万円以上、料理も在宅になって毎日作ってくれて、贅沢を望まない。

こんな素晴らしい妻は他にいるでしょうか・・・

お医者様や超エリートビジネスマンではない私達二人が、毎月90万円以上手取りで頂いているのは本当に幸運なことですが、それなりの「代償」も伴います。

在宅勤務になっても、パワ夫は9時〜19時位で集中して業務を終えることができていますが妻は20時以降になることも多いです。

パワ妻
お昼ごはんは一本満足バーのホワイトのみで、休憩をあまりとってません。在宅勤務なのに!

大変なことは多いですが、30代の元気なうちに資産形成を進めて、ある程度お金に困らない資産形成を最優先に取り組みます。

先月分の記事は下記の通りです。

未読の方へ
【パワーカップル】貯蓄と手取り収入を公開します〜20年4月度〜

続きを見る

■給料は手取り表記です

詳細項目 備考
手取り給料 490,000 430,000 ・妻は残業等で変動あり
家賃 -115,000 なし ・夫支払
夫婦別管理  -100,000 -140,000 ・各4万は家族拠出金

・10万円は携帯代含む生活費

・パワ夫は10万→6万

光熱費+Wifi  -18,000 なし ・在宅で光熱費高い
その他    30,000 15,000 ・GWあまりお金使わなかった
合計 287,000 305,000

5月度の投資含めた貯蓄額は592,000円/貯蓄率約61.3%

今月は久々に貯蓄率60%を超えました。

当然の結果だと思います。

何故なら日中の出費が50%削減できているからです。

6月度もある程度の節約で余剰金の捻出が可能であると考えています。

貯蓄率も重要ですが、今年はとにかく貯蓄額にこだわって進めます。

780万資産形成に向けて5月度も良い結果となり、予算に対して既に+14.9万円の着地となっています。

パワ夫
来月はボーナス&10万円給付金が入るので最大の手取り額になりそうです!!

6月はおそらく予算+5万円ほどで着地見込みで、7月は妻のボーナス次第であると考えています。

収入が少し高いので貯蓄率高くて当たり前論争あるかもしれませんが、毎月現金90万円を目にしても気持ちは手取り10万円で生活をして達成できる貯蓄率が60%です

ブログ開設時よりこの節約生活を続けていますが、楽しく・継続できる範囲で取り組むことが必要です。

パワ夫
追い込み過ぎると続きません。あくまで自分達が心地よいレベルを見つけて取組むべきです

■夫婦の貯蓄内訳

投資・貯蓄・個人の詳細 備考
貯蓄・投資合計金額 287,000 305,000
1.株投資用 237,000 なし 今はキャッシュ積み上げ
2.積立NISA   50,000   50,000 安定の積立NISA+投資信託
4.残り円貯蓄 255,000 現金は○ミ・・・

節約をするにあたって一番重要なことは「先取り貯金」をすることです。

私達は、給料日に給料明細を見せあって必要な金額以外を引き出して貯蓄・投資に回しています

パワ夫
そりゃ毎月給料日に「給料いくらだった?」って聞くのが嫌になるときもあるさ・・・!

貯蓄率にこだわるならこの方法は必須条件であると考えています。

パワ夫は給料入金が確認できたら即時に証券用口座にお金を移動させます。

20年度は夫婦積立投資信託120万+パワ夫の年間投資可能額350万=470万円が年間投資可能額です。

5月末時点の総資産は2,108万

株価の回復に伴って資産も回復いたしました。

夫婦の積立NISA&特定口座の投資信託も余裕のプラスに転じており、積立したことを忘れて投資することの強さを肌で実感しています。

6月、7月とボーナス月となり、2か月でおそらく300万ほど増えるのでキャッシュが多すぎる状態です。

今は積立以外に投資する気はないので、待ちます。

■ブログ開設時からの資産推移

■5月度資産内訳

資産内訳 金額 備考
円資産 11,030,000 家族のお金
その他金融資産    4,363,000 払済外貨保険&持株会&仮想通貨
積立NISA    1,225,918 評価額
SBI証券    757,986(3,703,196) 保有評価額+買い付け余力
合計 21,080,100 多少の変動あり

現在、米国株のポジションを減らしています。

コロナショックで平均単価を下げて購入し、助かった&ちょいプラスになった時点でVOO+VTI+VGT+QQQを一旦売却しました。

特にQQQ+VGTは最高値で買っていましたので、下落時に買い増して助かってよかったです。

家族金に手をつけずに500万円の余剰資金をパワ夫が持っていますので、2番底が来たら最低500万、最大1,000万買います。

そのまま伸びていくようだったらドンマイです。

まとめ

色々と書きましたが、とにかく共働き&一定の節約を継続している家庭は間違いなく強いということが個人的にわかりました。

この先も、淡々と資産を積み上げて本業に関しても重要なポジションで仕事をし続けられるように夫婦共に頑張っていきます。

私達はまだこの生活を初めて9か月目なので、偉そうなことは言えませんが私達と同じご家庭の方や、資産形成を考えている方に何かの気付きとなれば幸いです。

では、また来月にお会いしましょう。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

-家計管理

Copyright© 共働きパワーカップル@夫のブログ , 2020 All Rights Reserved.