家計管理

【パワーカップル】貯蓄と手取り収入を公開します〜2月度〜

2020年2月23日

2月度もあっという間に過ぎ去りますね。忙しい日々でした。

毎月恒例になっていますが、今月もまた給料日がやってきましたので「パワーカップルの貯蓄と手取り公開」します。

この記事を書く度にお伝えしていますが、この記事で伝えたい事は、手取り自慢ではありません。

いくら収入が上がっても支出が多ければ意味がありません。

収入が多い家庭はその分、支出も多くなりがちだと思います。しかし、私達はそうではありません。

当ブログを運営する最大の目的は「節約・貯蓄・投資にこだわり、爆発的なスピードで資産形成すること」にあります。

また、言うのは簡単ですが継続するのは難しいことでもあると思っています。

そこで、ブログにて宣言&結果を公開し続けることで結果にコミットするようにしています。

日本の手取り収入、GDP、個人の消費意欲は下がる一方です。そんな時代に立ち向かえる確実な方法は「共働き・節約」です。

今後更に共働きが主流となる日本において私達の暮らしや資産形成が何かの参考になれば幸いです。

たとえパワ夫の年収が下がったとしても、このシリーズは継続いたしますのでよろしくお願い致します。

パワ夫
毎度おなじみのざっくり報告です!

パワーカップルの貯蓄と手取りを公開します〜2月度〜

  • 2月度パワーカップルの収入状況
  • 資産形成のポイントは夫婦で取り組むこと
  • 2月度パワーカップルの貯蓄内訳と貯蓄率を公開します
  • 2月度の資産状況【ざっくり】

2月度の手取り収入は934,000円

パワ妻は残業により手取りが数万円前後してきます。先月は比較的休日出勤も少なかったので大体43万円前後が正しい手取り金額になります。

残業が多いときは夫婦合計で93万〜98万前後になることが予想されます。

仕事は大変ですが、毎月2人の給料を合計していくらになるのかを見るが本当に楽しみになっています。

何度も言いますが「深夜まで仕事・休みも内勤・精神的ストレス」等と戦ってやっと手にする給料です。

収入の裏側には代償も伴っています。

パワ夫
たまに、立ちくらみするときもあります・・・笑

先月分の記事は下記の通りです。

未読の方へ
【パワーカップル】貯蓄と手取り収入を公開します〜1月度〜

続きを見る

■給料は手取り表記です

詳細項目 備考
手取り給料 480,000 430,000 ・妻は残業等で変動あり
家賃 -115,000 なし ・夫支払
夫婦別管理   -100,000 -140,000 ・各4万は家族拠出金

・10万円は携帯代含む生活費

・パワ夫は10万→6万

光熱費+Wifi  -18,500 なし ・床暖房高い
その他    14,000    10,000 ・先月家族拠出金の残分
合計 260,500 300,000

共働き×夫婦で共通の目標を定めることが重要

こちらも当ブログで何度も皆様にお伝えしていますし、伝えたいことでもあります。

下記、記事にて如何に夫婦での資産形成が必要かについて書いています。

共働き夫婦が同じ目標に向かって日々取り組むことが、最速の資産形成になることを当ブログが体現していきます。

未読の方へ
【共働き】忙しい共働き夫婦の関係構築と資産形成について

続きを見る

パワ夫がストイックに節約を続けて半年近くが経過しました。

パワ妻も協力してくれていましたが、最近作り置き料理、水筒生活、マネーフォワードにて支出の把握等、積極的に色々な事に挑戦してくれています。

パワ夫
マネーフォワードとかパワ夫より意識高くてびっくりしました笑

ポイントは苦にならないレベルで楽しんで実施することです。苦に感じたら長続きしませんので。

今のところ私達夫婦はこのような生活でも楽しく暮らすことができています。

2月度の投資含めた貯蓄額は560,500円/貯蓄率約60%

ボーナスを除く貯蓄率は50%〜60%の間で推移していますが、今月は60%を達成しました!

貯蓄率60%は達成できるようでできなかったので1か月だけも嬉しいです。

更に貯蓄率を上げるためには、「家賃」・「パワ妻の余剰資金」等に手をつける必要があります。

しかし、家賃は高くても会社までの時短で睡眠投資、妻の余剰資金は節約に付き合ってくれているだけで十分なのでこれ以上の貯蓄率は求めません。

あくまで、楽しく・継続できる範囲で取り組むことが必要です。

パワ夫
節約だけの日々では「今」を楽しめないからね。バランス大事

■夫婦の貯蓄内訳

投資・貯蓄・個人の詳細 備考
貯蓄・投資合計金額 260,500 300,000
1.株積立 118,500 なし 持ち株会を含む
2.積立NISA   50,000   50,000 積立NISA+投資信託
3.その他投資   92,000 なし
4.残り円貯蓄 なし 250,000 妻は全て円貯蓄

何度も言います。

節約をするにあたって一番重要なことは「先取り貯金」をすることです。

私達は、給料日に給料明細を見せあって必要な金額以外を引き出して貯蓄・投資に回しています

貯蓄率にこだわるならこの方法は必須条件であると考えています。

パワ夫の毎月のルーティンは給料入金後、即座に生活費を置いて残りは証券用銀行に資金を移しています。

子供ができたら掛け捨て保険に加入します。今は不要です。

20年度は夫婦積立投資信託120万+パワ夫個別ETF350万=470万前後が年間投資可能金額となります。

こう考えると、本業しっかり頑張って種銭稼ぐことの必要性がわかります。本業頑張ります。

毎月の現金比率の是非!現金保有が高い事について

我が家は元々現金至上主義でしたので、円貯蓄は1,000万円を超えています。

■パワ夫家の2月余剰資金 資産配分

投資のルール

・夫婦合計で月10万円の投資信託を20年間は継続する

・毎月パワ夫の給料は全て金融資産を買う

・20%〜50%の株式暴落があれば現金最大500万を投下する

パワ妻が投資信託以外の投資にはまだ否定的なので、暴落したときにまとまったお金を投下することで話をしています。

なので伸びゆく市場にはパワ夫+パワ妻の年間470万円の資金投下が、下げの市場では現金500万円を投下しどちらでも対応できる体制にしています。

2月末時点の総資産は1,953万突破!3月末で2,000万到達確実か

マネーフォワード等を使っていないので手計算のアナログざっくり人間なのはご了承ください・・・笑

2月時点で1,953万円となりました。

3月も50万〜56万の範囲で貯蓄が見込めますので2,000万円が確実となります。まだまだ労働収入が基本になります。

これにより8月〜3月の間で約400万以上の資産形成ができたことになります。

これに投資の運用益も加わってくたら更にスピードアップする可能性がありますね。もちろん半分になるリスクもありますが。

■2月度資産内訳

資産内訳 金額 備考
円資産 11,367,672
その他金融資産    5,312,000 ざっくり積立で仮試算
積立NISA       841,393 評価額
SBI証券       980,869(1,025,000) 保有評価額+買い付け余力
楽天銀行      14,000
合計 19,540,934 多少の変動あり

まとめ

共働き夫婦が資産形成を本気で取り組んだらどうなるのかについて今後もウォッチしていきます。

私達が取り組む過程で、少しでも皆様の気付きになればと思っています。

投資・副業も大事だと思いますが、あくまでも「共働き・節約」をすることが資産形成の近道です。

私達は子供が生まれても共働きを続け、共働きの資産形成で枠で突き抜けていきたいと考えています。

継続することが難しい項目ではありますが、今後も愚直に継続して20年度目標に定めた+750万の資産形成を必ず達成させます。

その過程で海外旅行に行って楽しむことも忘れませんよ!

既にGWにハワイorアジアリゾートを計画中です。

パワ夫
コロナの影響が不安ですが・・・

ブログランキングに参加しています。

パワ夫
いつも閲覧とポチ頂きありがとうございます!!!

また、ブログで勝手に答えるコーナーに参加したい方がいらっしゃいましたら、お問い合わせor記事のコメント欄に記入頂ければ幸いです

記事にて勝手にお答えさせて頂きます。笑

是非、皆様の応援(クリック)を頂ければ幸いですよろしくお願い致します。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

 

-家計管理

Copyright© 共働きパワーカップル@夫のブログ , 2020 All Rights Reserved.