家計管理

【パワーカップル】収入・貯蓄額・貯蓄率・総資産〜20年7月度〜

週1回のブログ更新が基本となったパワ夫です。

7月度も夫婦共に忙しい毎日を乗り越え、あっという間に給料日がやってきました。

有り難いことに7月度も基本夫婦在宅勤務を続けており、今まで以上に支出減で生活することができています。

パワ夫
4連休も、お盆もコロナ感染防止のため旅行も、実家にも行かない予定です・・・!お金使う機会が少なくなりますがその分、食に使います!

今月は妻のボーナス支給日となりました。

妻の年収が右肩上がりを続けています。

今の仕事も楽しくなってきたそうで、ハードに仕事しつつ高いモチベーションで仕事をしており夫としては応援するのみです。

前置きが長くなりましたが、毎月恒例!「パワーカップルの貯蓄と手取り公開」します。

初めての方もいると思いますので、私がなんで毎月このように収入・貯蓄率・資産を不特定多数の方に公開しているのかについて書きます。

1つ目は、経営者・医者・金融・商社等のエリートではない凡人夫婦が、共働きで仲良く資産形成をすれば1億円も夢ではないことを証明することです。

2つ目は、夫婦で共働きをして仲良く資産形成するロールモデルを作って、世の中の共働き夫婦に貢献したいと思っているからです

共働きは本当に強いです

共働きで家庭がすれ違っているなんて事は一切ありません。

その上で社会との接点・人間的な成長・収入・福利厚生・年金などメリットが多すぎて挙げきれません。

そんな一般家庭の凡人夫婦の毎月の収支を書きますのでお楽しみください。

パワ夫
大雑把な性格の私なので、ざっくりの読み物としてお楽しみください!

パワーカップルの貯蓄と手取りを公開します〜7月度〜

  • 20年度、目標の確認
  • 7月度パワーカップルの収入状況
  • 7月度パワーカップルの貯蓄内訳と貯蓄率を公開します
  • 7月度の資産状況【ざっくり】

20年度の目標は780万円の資産形成とする

毎度おなじみとなります。

ここのパートは初めてご覧になられる方のみ読んでみてください。

私達は(ほぼ私?)今年度の貯蓄目標を年780万円として月別の収入見込と貯蓄額目標を立ててみました。

コロナの影響で海外旅行を断念し、在宅勤務の影響で支出が恐ろしいほど下がっており、妻の夏ボーナスも高く、年間780万円貯金はほぼ確実なものとなりました。

こんな絶好調な日々が続くとも限りません。世の中の不況、自身を取り巻く環境も日々変わります。

その時に考えられる事は何でしょうか。

考えられること

■パワ夫の役職が外れ、給料が下がる

■パワ妻の残業時間が減り、手取り金額の減少

■業績悪化によるボーナス減少

■何らかの理由で共働きができなくなる

一番怖いのは私の降格です・・・笑

これらの状況が現実になると、資産形成のスピードが遅くなります。

そのため、今をボーナス期と捉えて夫婦で一所懸命、資産形成に励んでいます。

ブログ開設して1年が経過しますが、先に年間860万の資産形成を達成することができました。

収入増もありますが、支出の最適化に取り組んだ効果が一番大きいです。

年間780万は貯蓄率60%弱と言ったところなのですが、私達の収入でも年780万増やすには相当な努力と継続力が必要です。

未読の方へ
【7月度手取り公開】三菱サラリーマンさんこと穂高さんの節約5選を実施した結果~10か月目~

続きを見る

7月度の手取り収入は2,368,000円

7月度は妻ボーナスのお陰で手取り200万超と今年度、最も高い月となりました。

私はボーナス支給のうち、10万円を緊急用に確保しました。

妻に関してはボーナスのうち、30万円を確保して好きなことに使ってもらいます。

私のわがままで資産形成に付き合ってくれて本当に感謝しています。

夫婦で資産形成のコツは、夫が妻よりも厳しい環境(可処分所得)で生き抜く姿を見せて、少し妻に協力してもらう環境を作ることだと思います。

強要をすれば長く続きませんし、夫婦関係にもヒビが入りますので、慎重にいきましょう。

先月の結果は下記になります。

未読の方へ
【パワーカップル】収入・貯蓄額・貯蓄率・総資産の総括〜20年6月度〜

続きを見る

■給料は手取り表記です

詳細項目 備考
手取り給料 506,000 1,840,000 ・妻は残業等で変動あり
家賃 -115,000 なし ・夫支払
夫婦別管理  -100,000  -440,000 ・各4万は家族拠出金

・10万円は携帯代含む生活費

・パワ夫は10万→6万

・パワ妻ボーナス30万捻出

光熱費+Wifi  -18,000 なし ・在宅で光熱費高い
その他    17,000         5,000
合計 290,000 1,405,000

7月度の投資含めた貯蓄額は1,695,000円/貯蓄率約71.5%

780万資産形成に向けて7月度も良い結果となり、予算に対して既に+75.7万円の着地となっています。

7月の4連休も、8月のお盆(10連休取得予定)も旅行等に行く予定がないので、この先の貯金額は予算を超えるでしょう。

資産が増えていくのも悪くないのですが、時には旅行などをして「経験」にお金を使いたいので、とても複雑な気分です。

パワ夫
コロナ問題が解決したら、反動がきて散財マンにならないように気をつけます

■夫婦の貯蓄内訳

投資・貯蓄・個人の詳細 備考
貯蓄・投資合計金額 290,000 1,405,000
1.株投資用 240,000 なし 今はキャッシュ積み上げ
2.積立NISA+投資信託    50,000       50,000 安定の積立NISA+投資信託
4.残り円貯蓄 1,355,000 現金は○ミ・・・

節約をするにあたって一番重要なことは「先取り貯金」をすることです。

これが一番手っ取り早く、確実のお金が貯まります。

私達は、給料日に給料明細を見せあって必要な金額以外を引き出して貯蓄・投資に回しています

7月末時点の総資産は2,475万円(+192万)

株価の回復により、資産が増えているのと私の計算ミスが貢献している可能性があります・・・笑

給付金は夫婦でタンブラー5万円を使用しましたが、20万円は使うと決めていますので収支に付け加えていません。

残り10万円は還暦祝い用、残り5万円はふるさと納税を予定しています。

「たら・れば」ですが、VOO、VTI、QQQも売らずに持っていれば今頃2,500万円突破しておりました。

マネーフォワード管理もしたいですが、月1回の手計算が意外に楽しいので難しいところですね。

■ブログ開設時からの資産推移

パワ夫
この調子でいけば、21年5月にはアッパーマス層の仲間入りができそうです!

■7月度資産内訳

資産内訳 金額 備考
円資産 12,494,238 家族のお金
その他金融資産    4,373,000 払済外貨保険&持株会&仮想通貨
積立NISA+投資信託    1,702,687 評価額
SBI証券    544,547(5,640,689) 保有評価額+買い付け余力
合計 24,755,161 管理が難しくなってきた笑

現在、米国ETFのSPYDを110株と血迷って購入したJTを保有しています。

加えて、下記の通り投資信託+企業DC含みで夫婦月25万をインデックス投資することを決めました。

米国、先進国、新興国、全世界を分散して1週間に1度のペースで購入しています。

インデックス投資は基本暇です。そのため、購入頻度をあげて「俺、インデックス投資頑張っている」感覚にする作戦をしています。

これでも月の投資比率や総資産における投資比率は低いので、積立投資を継続しつつ一括で勝負するタイミングを待ちます。

ある程度の生活防衛資金は貯まりました。

この先は、リスク資産の比率を高めてお金に働いてもらい長期的な資産形成を本格的に致します。

まとめ

共働き×節約はベースの型が出来上がりました。

この型を身につけて継続するだけでも40代中盤で億り人になることができます。

しかし、現金貯金だけでなくインデックス投資の力も借りて資産増大にチャレンジしてまずは、経済的自由を達成したいと考えております。

この先も目標に対してコツコツと積み上げていくべく、当ブログを運営していきます。

では、また来月にお会いしましょう。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

 

-家計管理

Copyright© 共働きパワーカップル@夫のブログ , 2020 All Rights Reserved.