家計管理

【共働きの資産形成】収入・貯蓄額・貯蓄率・総資産〜20年10月度〜

皆様、お久しぶりです。

ブログ更新に充てる時間とモチベがない状況ですが、この資産推移だけは継続いたします。

Twitterではなんちゃって資産形成アカウントが多数います。

皆さん惑わされないように本当に長期で資産形成に取り組む人と交流をオススメします。

さて本題。

何故、私がこの資産形成の記録を続けているのかというと下記2点を実現したいと考えているからです。

1つ目は、経営者・医者・金融・商社等のエリートではない凡人夫婦が、共働きで仲良く資産形成をすれば1億円も夢ではないことを証明することです。

2つ目は、夫婦で共働きをして仲良く資産形成するロールモデルを作って、世の中の共働き夫婦に貢献したいと思っているからです。

厳しいこと言いますが、我々凡人がある程度のスピード感を持って資産形成をするなら、共働き×節約×投資はどれも欠かせません。

私自身の年収は1,000万弱ですが、妻の収入がなければこのスピードで資産形成はできていません。

極論、投資・節約に集中するよりも夫婦で仕事を頑張って収入の維持・拡大することが最重要項目かもしれません。

共働き×節約×投資の効果や日々のことに対してTwitterでツイートを続けていきますのでよろしくお願いいたします。

パワ夫
大雑把な性格の私なので、ざっくりの読み物としてお楽しみください!

パワーカップルの貯蓄と手取りを公開します〜10月度〜

  • 20年度、目標の確認
  • 10月度の収入状況
  • 10月度の貯蓄内訳と貯蓄率を公開します
  • 10月度の資産状況【ざっくり】

20年度の目標は780万円の資産形成とする

毎度おなじみとなります。

ここのパートは初めてご覧になられる方のみ読んでみてください。

私達は(ほぼ私?)今年度の貯蓄目標を年780万円として月別の収入見込と貯蓄額目標を立ててみました。

コロナの影響で海外旅行を断念し、在宅勤務の影響で支出が恐ろしいほど下がっており、妻の夏ボーナスも高く、年間780万円貯金はほぼ確実なものとなりました。

ホットクックは購入してよかったです。毎日美味しい、温かい、野菜も摂れる平日の夕食を豊かにしてくれています。

夫婦で仙人のような生活を続ければ、年間900万の貯蓄も視野に入りますがそんな生活をしていたら今が全く楽しめません。

今楽しむことも忘れず、資産形成をすることを心がけます。

10月度の手取り収入は907,300円

我が家は毎月90万前後が手取りとなります。

今年は妻が昇給し、残業時間が大幅に減ってもコンスタントに手取り40万以上を稼いでくれているので家計が助かっています。

妻に関しては重要な仕事を複数任され、業務過多となり今後は残業時間が増えます。

手取りも多くなりますが、妻には健康第一で無理せずにと伝えています。

我が家のルールは給料日に明細を見せ合い、決められた額を投資・円貯蓄へ振り分ける作業を徹底しています。

この、「決められた額を引く」・「夫婦で給料明細を見せ合う」効果は絶大です。

先月の結果は下記になります。

未読の方へ
【共働きの資産形成】収入・貯蓄額・貯蓄率・総資産〜20年9月度〜

続きを見る

■給料は手取り表記です

詳細項目 備考
手取り給料 493,000 406,000 ・妻は残業等で変動あり
家賃 -115,000 なし ・夫支払
夫婦別管理  -100,000  -140,000 ・各4万は家族拠出金

・10万は携帯代含む生活費

・夫は10万→6万に減額

光熱費+Wifi  -21,000 なし ・在宅の水道代が高い
その他    23,300 -156,000 ・11月国内旅行+コンタクト代
合計 280,000 110,000

10月度の投資含めた貯蓄額は390,000円/貯蓄率約42.3%

780万資産形成に向けて10月度は予算マイナスの着地。20年度累計予算に対して+43.2万円の着地となっています。

20年11月〜21年3月まで、平均43万円の貯蓄が実現すれば年間780万の達成となりますので、目標達成は確実となっています。

今月は夫婦で国内旅行、来月は妻分のふるさと納税、年明けは還暦祝いと残り3回は10万円以上の出費があります。

もし、年間780万以上になった場合は海外旅行積立金に充てていつかのハワイ旅行に備えます。

下記は20年4月〜10月までの貯蓄実績となります。

■夫婦の貯蓄内訳

投資・貯蓄・個人の詳細 備考
貯蓄・投資合計金額 280,000 110,000
1.株投資用 230,000 なし 投資信託購入
2.積立NISA+投資信託    50,000    50,000 安定の積立NISA+投資信託
4.残り円貯蓄    なし    60,000 妻は現金派

現在は夫婦で合計月35万+企業DC4.2万=39.2万のインデックス積立投資をしています。

夫婦合計で毎月4万以上の企業DCを拠出頂いているのは大きいです。

2.3万ドル保有しているのでドルで月5万も投資しています。

1か月前、米国IPOに手を出しましたが軽いやけどをしました。笑

損失額はたいした金額ではなかったですが、それにかける時間や睡眠時間が失われたことが大変ストレスでした。

リターンが平均と言われるインデックスですが、私達のような共働き夫婦には最適かと思います。

今は少し下落相場来ていますが、本当の暴落がきた際には個別株に入金も悪くないと思っています。

そのため現在は大きく現金を残しています。

現在の積立額を続けると7年後には現金比率50%になるため、適正な積立額かと思います。

10月末時点の総資産は2,794万円(+16万)

手計算なので計算ミスがある可能性があります。笑

資産が全く増えていません・・・(泣)

先月は株高も多少貢献してましたが、本日(10月30日)は絶賛急落中です・・・笑

それでも15か月で+963.6万円となります。夫婦でコツコツ頑張るのはやはり強いと感じます。

■ブログ開設時からの資産推移

今月から夫婦の企業DC分も総資産に組み込みました

インデックスで運用しており、総資産におけるリスク資産の構成比を把握するためです。

総資産推移の10月度だけに企業DC分を乗せると、ボーナスが入ったみたいになりますので、19年8月から同一金額を上乗せして20年10月が突出しないようにしました。

現在、我が家のおける現金比率は70%と理解していましたが、企業DCを含むと65%となりました

これを踏まえて今後も積立金額や急落時の一括購入額を決めていきます。

資産推移額は、私がエクセルに書いているだけなのでパワ夫の落書きと思っていただければ幸いです・・・

ただ、この調子で行くと21年3月には総資産3,000万到達となります。

まとめ

超高収入エリートサラリーマンでなくても、夫婦で仲良く資産形成を愚直に続けること1年でここまで到達することができました。

これを10年続けるだけで、大きく資産形成がされている未来が見えてきます。

○○だから無理、私と全く環境が違う等、言い訳は何個でもできます。

しかし、1個でも自分でできることを探して取り組む人しか前へ進めません。

私も、三菱サラリーマンさんのように仙人級の節約14選はできませんでしたが、4個取り組むだけでもここまで資産形成ができています。

前向きな人のみ、将来明るい資産形成ができると思っています。

それを踏まえた上でも、共働き×節約×投資を駆使して資産形成をして、その過程を発信していきたいと思います。

では、また来月会いましょう!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

 

-家計管理

Copyright© 共働きパワーカップル@夫のブログ , 2020 All Rights Reserved.