資産運用

【コロナにおける影響】株式暴落を初めて経験してわかったこと

3月が締まりまして20年度が新たにやってきました。

3月度はコロナウイルスが世界中に混乱をもたらしました。その話は暗くなるので辞めておきます。

本業の19年度成績は厳しいものがありました。そのまま降格も覚悟していたのですが、なんとか職位維持させて頂き会社には感謝しています。

今年は年間予算を達成させて、労働収入を最大化させてたいと考えています。

さて、先週に家族会議を実施してい今回暴落が続くようであれば最大600万円をつぎ込む予定でした。

未読の方へ
【共働き夫婦の株式投資】コロナショックにおける暴落時の投資ルールを決めました

続きを見る

しかし、相場は一転し現在は上昇を続けており追加投資する機会がありません。

そこで、今回の暴落で学んだ事をざっくり記録しておきます。

本日の議題

  • 投資せずとも円高時にドル資産を保有しておく
  • 下落時、上昇時にもETFが精神安定につながった
  • 上昇時は積立のみ、下落時にガッツリいけるよう資金管理する

株式投資をせずとも円高時にドルを仕込んでおくべきだった

VOOが200ドルにリーチした日は3月23日頃だったと思うのですが、私は起きてました。

ここで100万円程を購入を一瞬考えたのですが、ドル円が私を悩ませます。

この日、ドル円が112円前後だったのです

3月9日に1ドル102円を見ていたにもかかわらず、妻との家族会議が遅れてこの日ドル転するこができず指を加えて見ていました。

そこから1週間で112円にスルスルと上がっていったのです。

パワ夫
102円から112円と言うことは9.8%価格が上昇している・・・ドル円の差でみたらここで金額入れたら損するのでは

こんな気持ちがよぎったんですよね。

株は底値で買えてもドルは過去3年でみても若干高値で買うことになる。そのため15万円分しか買えませんでした。

今回買えなかったのはドル資産がなかった事が原因です。

これからの対策としては107円をラインにそこから下がっていく度にドル円をちまちま仕込みます。

107円より下で買えていたら、まあ後悔はありません。100円を割ったらそこでまた資金を投下すれば良いので。

上昇相場であったとしてもドルを仕込んでおくことの重要性を学びました。

ETFは下落時にも心の平穏になった

私は米国株開始時は高配当個別株を中心に保有していました。

XOM・WBK・RDSB・BTI・MOを保有していました。

上昇時は何のストレスもなく保有できていましたが、下落時のストレスは半端なかったです。

しかも、各銘柄10万円〜20万円位の少額です。それでいてもストレスが半端なかった。

高配当株投資はこれらの銘柄に多額の投資をして税引き後配当利回り4%を維持できる位、高度な投資方法です。

現在のこれらの株価は指数以上のとんでもない価格になっています・・・

そのため、日々タクさんが仰る通り1個の銘柄が倒れても影響を低くするために広く分散して保有する必要があると思います。

見る限り、私も含めてそれを実施されている方はあまりいないのではないでしょうか。

ETFは強い銘柄から弱い銘柄まで含むデメリットありますが、下落時にも強く買いに向かうことができました。

それは倒産リスクがなく、ETFが終わる時は資本主義が終わる時であり、全世界・米国の長期的な経済成長を信じられるからです

そのため、今後もVOO・VTをコアにしてサテライト的にVGT・QQQ・SPYD等を積み上げていきます。

パワ夫
高配当株投資も私は良いと思いますのでSPYDに託します!

KO・スタバ・マクドナルド等の生活密着型の個別株はいつか欲しいとは思っています。

長期上昇時は最低限の積立のみ、下落時にはガッツリ行く

私が株式投資を始めた頃は19年10月ということで下落知らずの上昇期でした。

そのため、基本的には順張りとなるのですが今回の下落を受けて割高時に積立&買いに走ると、下落時の単価と取得単価の乖離があまりにも遠く・辛いことに気づきました。

加えて、総資産2,000万弱になりますがいつでも使えるお金は1,100万しかありません。

そのお金を株につぎ込むのは少し心もとないと感じました。

今、1,100万のうち600万突っ込むと現金500万しか残らず少し不安です。

ですが、キャッシュで2,000万円あれば暴落時1,000万投資しても生活防衛費用で1,000万現金があるので安心でしょう。

そのため、リスク資産と株式資産50:50が自分に合っているのでこれをルールにやっていこうと思います。

今後上昇相場が10年間続き、積立投資だけでキャッシュ比率が70%になってきたとしたら下落時に一気に比率をリバランスします。

上昇時にはコツコツ積立をして恩恵を受け、下落時にはガツンと買い進められる資金管理を致します

そのためには種銭が必要になりますので、本業&共働きを頑張って資産形成を進めていく予定です。

まとめ

早い段階で35%の暴落を経験できてよかったです。

このまま上昇相場が続いていれば順張りで運用資産が高まって、ドカンと下落が来て助からない所でした。

パワ夫
今も余裕でマイナスなので助かってませんが・・・笑

とにかく資金管理の重要性・個別株orETFどちらが安心か・下落時にはどのような行動を取るのか

これが今回の下落が明らかになりました。

今後はこのルールを守り、株式投資・共働き・節約を駆使して資産形成のスピードを爆発的なものにしていきます。

頑張っていきましょう!くれぐれも体調にはお気をつけくださいね!

*資産形成・節約・共働きに関してご質問がありましたら遠慮なく、お問い合わせ頂ければ幸いです。

ブログ記事に取り上げてお答えいたします。よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

 

-資産運用

Copyright© 共働きパワーカップル@夫のブログ , 2020 All Rights Reserved.