仕事

【20代 仕事】20代で会社人生が決まるのかについてパワーカップルのパワ夫が考える

Twitterにて下記ツイートが話題になっていました。

今回は、この「20代をどう生きるかで会社人生が決まってしまうのか」について考えています。

この方のツイートのコメントには30代・40代でもどうにでもなると若干批判的なコメントも見受けられます。

パワ夫の考えとしては、会社人生の成功確率を上げるという観点では「その通り」かと思っています。

特にパワ夫のような凡人は20代、30代前半でどう生きるかである程度、会社人生が見えてきます。

今回はその理由について下記進めていきます。

本日の議題

  • 20代で会社人生が決まるはあながち間違いではない
  • 確実に30代前半で「差」は生まれている
  • 仕事における価値観は人ぞれぞれ

厳密に言うと20代後半でどのような経験をするかで今後の会社人生が大きく異なる

パワ夫のケースで考えてみます。

パワ夫は30歳手前の時に、社内でも重要度の高いポジションに就きました。

20代後半でこの経験をするとしないでは30代、40代でも会社人生が大きく左右される事は身を持って実感しています。

若い内に経験値を積むと

■若い内に重要なポジションで仕事をすると経験値が圧倒的に増える

■不足している分を補おうと何事にも積極的に動くようになる

■周囲含めレベルの高い環境に身を置くと、自身も努力し環境に順応していく

パワ夫に関しては、仕事に慣れて結果を出して、少し鼻が高かった頃に現職に就き、一気に鼻を折られた経験をしました。

しかし、その経験を通して自身に足らない部分を補うための努力や、体力も精神力も強かったので心を病む事なく仕事における経験やスキルを身につけられたと考えています。

この経験を20代後半でするのか、30代中盤でするのかでは大きく異なります。

20代〜30代前半をどう生きるかで「差」が見え始めている

現に、パワ夫同期のメンバーを見ても、若い内に仕事最優先で取り組み、大小関係なく部署内で重要なポジションで仕事が出来ているか、いないかで営業スキル・待遇・将来含めて確実に「差」が出始めてます。

パワ夫は営業職に従事しています。重要なポジションで仕事をする=相手先の規模が大きかったり、難易度が高くなります。

例えば、今までそれなりの提案でまかり通っていたことが先方の提案受け入れの難易度が上がり、一筋縄ではいかなくなります。

そこで、どのようにすればより提案を受け入れて頂けるか更に考える訳です。

この当たり前のようで苦しい経験を若い内にする、しないでは大きな差になります。

パワ夫はまだ30歳手前の時に30代後半のエースが就くはずのポジションに就いています。

この経験は苦しかったですが、本当に良い経験が出来ていると感謝しています。

ドラゴンボールで言うとまさに「精神と時の部屋」で修行をしているのです。

仕事における価値観は人ぞれぞれ

仕事の成功、出世、給料アップ等、仕事での成功が全てという訳ではないとパワ夫は考えています。

読者の皆様は下記、仕事における価値観で当てはまる点はありますか。

私は今の所、会社での成功を念頭に置いていますが、子供が産まれたら離れたくないと思うので転勤するくらいならと思ってしまうかもしれません。

何が言いたいかと言いますと、価値観は人ぞれぞれで人は人、自分は自分で信じた道を突き進むしかないと考えています。

仕事における価値観

①出世し、重要なポジションで仕事すること

②自分の時間を削ってでも年収1000万以上稼ぐこと

③仕事はほどほどに、自身の趣味や家族との時間を大事にする

④転勤する位なら、出世しなくて良い

まとめ

本日は、Tweet界隈を少し騒がせた件について書いてみました。

パワ夫は仕事の経験は積めていますが、勉強等のスキルアップは思うように積み上げられていないので、仕事を進める上でどのようなスキルが必要か改めて考える必要があります。

まずは、今年の人事で現職に残留できるように年末を乗り切ります。

寒くなってきているので皆様も風邪等にはお気を付け下さい!

ブログランキング参加しております。もしよろしければクリックお願い致します。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

節約・貯蓄ランキング

-仕事

Copyright© 共働きパワーカップル@夫のブログ , 2020 All Rights Reserved.