共働き

【パワーカップルの実態】共働きのメリットを紹介します

2019年8月18日

改めて自己紹介をしますと、私達は30代前半の共働きパワーカップルです。今回は共働きのメリットについて紹介します。

たとえ、パワーカップルではなくても共働きのメリットを感じられると思いますのでお付き合いください。

未読の方へ
共働きパワーカップル@夫のブログ 自己紹介とブログ方針の紹介

続きを見る

パワーカップルのメリット

  • 単身で稼ぐより共働きで収入を上げた方が税制上有利
  • 貯蓄金額が爆発的に増え、将来の選択肢が増える
  • 老後も安心!年金制度
  • 一方で時間拘束・責任が増す

単身で稼ぐより共働きで収入を上げた方が税制上有利

私は数年前に年収880万を稼ぐ役職になりました。手取りが2倍になった事で調子に乗り、某家具店で20万円するベッドと15万の布団を現金で買った記憶があります。*今も大切に使ってます。

しかし、2年目になると手取りがガクッと落ちていることに気付きました。そう、所得に応じた課税が重くのしかかってきたのです。

所得に応じて税金は高くなると知っていましたが年収800万以上なんて他人事と詳細を知ろうともしなかったのが原因です。

■高収入サラリーマンVS@夫のブログ世帯で比較

・エリート高収入サラリーマン    

 世帯年収1,900万 奥様は専業主婦

⇒手取りは約1,250万ほどです。*ネット調べ

・@夫のブログ世帯 

  世帯年収1,570万 共働き 

⇒夫手取り・・・約670万 妻手取り・・・約535万=1,205千円 *ざっくり

一人で1,900万を稼ぐのは極めて難しいですが、二人で働くことで一部上場企業役員並の手取りを頂けるのです。

単身での高収入は見た目上は羨ましいですが、課税負担が重たく実際の手取りは異なることを改めて理解しましょう。

年間手取り900万なら大手企業部長クラス、700万なら大手企業課長クラスの収入を得ているのと同じです。

金額の大小はありますが共働きによる世帯収入増は実行すれば誰でも実現可能です。

貯蓄金額が爆発的に増え、将来の選択肢が増える

これは至極当たり前の話ですが、書き記してみると改めて共働きの凄さがわかります。

@夫のブログ世帯貯金等の内訳は別途公開してすので今回は仮の世帯として見てみましょう。

*夫婦ともに年収650万、手取り約520万、貯蓄額は手取りの35%を想定

■夫のみの場合・・・月15万貯金 年間貯金額:180万     *ボーナス含む

■夫婦の場合・・・夫15万 妻15万 年間貯金額360万 *ボーナス含む

10年続けるとその差、1,800万になり下手に投資等するよりも確実に大きく増やす事ができます。

夫の貯金0円でも妻の貯金10万円を捻出できれば10年で1,200万貯蓄できますよね。

参考までに我が家の貯蓄率はボーナス除いても50%以上あり、年間700万以上の貯蓄が可能です。

未読の方へ
パワーカップルの収入と貯蓄を公開します【9月度】

続きを見る

老後も安心!年金制度

2ヶ月ほど前に田村正之さんの人生100年時代の年金戦略を読みました。

読み進めて行くと早い段階で「最強はパワーカップル」と内容がありました。理由としては厚生年金にあります。

基本的には専業主婦の場合は基礎年金部分のみですが、妻も60歳まで働き続ける事で厚生年金が12万程度になる見込みとの記事がありました。

私達の目指すゴールは50代のセミリタイアなので最終的にはこれより少なくなりますが働き続けたと仮定して見ていきます。

65歳から年金受給開始し85歳まで生きていたとすればその差は2,880万となります。老後のメリットも十分享受できるレベルと認知しました。

一方で時間拘束・責任が増す

良いことばかり書いても・・・なので1個だけデメリット書きます。

これは一概に言えませんが、昇格すると給料も上がりますが比例して責任や自由時間の拘束が増します。

私の例で見ていきます。昇格前の平日は19時には必ず帰り、土日は仕事の事を考えずゆっくり休み、働くには良い環境でした。

しかし、現部署に着任してからは平日は夜遅く、土日もどちらかは仕事する機会が増えます。

また、社内における売上責任も増しこの3年間で白髪もかなり増えました。とにかく「自由時間」が減ります。更に昇格した場合、「給料」は増えますがこれに比例して「自由時間」が消え、「社内責任」が増します。

どちらを取るかは皆さんの価値観だと思いますが共働きをして効率良く所得を増やしていくことが重要かつ、実現可能な方法であると考えます。

まとめ

これまで共働きに関するメリットを取り上げてきましたが、共働きを続けることで収入・精神・老後の面で私たちをより豊かにしていくれる事がわかりました。次回はデメリットも掲載致します。

「共働き」・「節約」・「株式投資」等、実践されているかたいましたらTwitterで情報交換させて頂ければ幸いです。是非、フォローお願い致します!!

にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村

節約・貯蓄ランキング

-共働き

Copyright© 共働きパワーカップル@夫のブログ , 2020 All Rights Reserved.